2013年04月26日

浄瑠璃と謡文化

本ブログ1月23日のエントリーで、『ひらかな盛衰記』を学部演習で読むことを書いた。連休明けから学生の発表がいよいよはじまる。さて、その際に、『ひらかな』の映像が入手困難、どなたか教えて下さいとSOSを出したところ、親切なことに、田草川みずきさんが、『ひらかな』のいろいろな映像をDVD3枚に収めて送ってきてくださったのである!これには感激した。この映像は、田草川さんの恩師であられる内山美樹子先生をはじめ、諸先生、諸先輩のお力添えで収集されていたものだとのことで、まったくもって恐縮の至りであり、この場を借りて関係の皆さまに御礼申し上げる。

 さて、その映像、とくにお勧めだった「山川静夫の華麗なる招待席」の「松右衛門内から逆櫓の段」(昭和52年2月NHK)。これは竹本津大夫&野澤勝太郎である。この津大夫の語りがすごくよくて、学生もかなり熱心に見ていた模様。

 ところで、あまりのご親切に、お礼のしようもわからず、取り急ぎ、近著2冊をお送りしたところ、田草川さんから、丁寧な御感想とともに、そのまたお礼にと、『浄瑠璃と謡文化―宇治加賀掾から近松・義太夫へ』(早稲田大学出版部、2012年)が送られてきたのには恐縮した(謡曲と加賀掾というと、阪大OBの川端咲子さんの研究を思い浮かべるが、川端さんの論文も引用されていた)。

 ところで、浄瑠璃を授業でやるということで、節章について、俄か勉強した結果、これまで頭ではわかっていた、「節章がわからなければ浄瑠璃は読めない」ということが、やっと実感できた。(誤解されてはこまるが、これは浄瑠璃が読めるようになったという意味ではない。節章が理解できたという意味でもない)そういう時に、この本の第三章は、そのものずばり、節章を正面から論じていたので、感慨ひとしお(あくまで無理解のままだが)であった。
 第2章は、浄瑠璃の謡曲摂取について論じられている。

 明るくてさわやかな装丁で、定価も3800+税と非常に求めやすいです。
posted by 忘却散人 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本語は面白いって、ホントっすか?

『図書』(岩波PR誌)2013年5月号巻頭に、金水敏さんと清水義範氏の対談「日本語はこんなに面白い」が掲載されている。ご本人からいただきました。岩波の新シリーズ「そうだったんだ!日本語」の情宣対談だが、なかなか面白い話が満載である。たとえばキムタク語の「ホントっすか」の分析。この分析によれば、この語はキムタク以外には使えないってことになるけど、ホントっすか?

あと「上から目線」「タメ口」という語の微妙な人間関係意識。そうそう、その辺り、なっかなか面白い。だって僕ってそういう言葉に敏感じゃないですか。

「お名前さまをいただいてよろしいでしょうか」。これは知らなかったな。日本人のスピーチ下手。あー、耳が痛いっす。
 最後のあたり、重要な提案が出てくる。「誰に何を何のために伝えなくてはいけないかが、文章と結びつかない。そこは国語教育に大きく欠けているところですね」

 一番、気に入った金水さんのことばを最後に。

「江戸時代以前の教育では、教科書は往来物、つまり手紙だった。要は目的があって伝える相手がいて、その人に伝わるように手紙が書けるということが、大人の最大の条件。近代の国語教育は、そこの部分が抜けてしまった」

 これは、江戸文学研究にも大きな示唆をもたらす発言。文学作品だって本来は、誰か(特定の)人のために書かれたものがほとんどなんだ、っていう授業を今やっているもんで、つい共感してしまいました。
posted by 忘却散人 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする