2016年03月12日

挑発にまんまと乗せられて?

またおめえやるのかよ!という声がきこえてきそうでやんすが。京都近世小説研究会。
ほかの2つがきっと面白いですから、まあどうぞいらしておくんなさいまし。
神谷さんのは、新聞にデカデカ載ったやつですし。

しかし、なんですかね。木越さんの挑発にマンマとあっし乗せられているんですかね〜。
ただ、『上田秋成研究事典』というスタンダードにああ書かれちゃ黙っちゃいらっれねえってんで。
ついつい・・・。
え、なんて書かれたかって。
そりゃね。こうですよ。「…脇役ですらない尼子経久を、さも重要な人物であるかのように引っ張り出してくるような読み方は、「菊花の約」の作品論として成立しない、と私は考える」
やっぱ、これ、一応反論しとかないとさ。なにせ『事典』だからさ。『事典』なみに読まれる媒体で反論しないとね。で、とりあえず口頭で反論しておこうかって。
ワナかな〜?ワナなんかな〜?


■日時 3月26日(土) 午後1時30分〜
■場所 キャンパスプラザ京都 2階会議室
参照(http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access)
■発表
有澤知世氏 「京伝考証学の協力者―菅原洞斎を中心に―」
神谷勝広氏 「勝川春章伝記小考」
飯倉洋一氏 木越治氏の批判に答える―「菊花の約」の尼子経久は論ずるに足らぬ作中人物か―

参加のご連絡は、久岡明穂さんへkyotokinsei★gmail.com
posted by 忘却散人 | Comment(4) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする