2017年03月02日

湯浅佳子『近世小説の研究』

 湯浅佳子さんの、文字通りの大著『近世小説の研究―啓蒙的文芸の展開』(汲古書院、2017年2月)が刊行された。30本を超える論文集で、索引をふくめ650頁超。なるほど、湯浅さんの仕事は「啓蒙的文芸」で一本筋を通していたのですね。
 例によって、著者のことを語ってしまうが、私の印象は、ずっと前から「真面目な」「堅実な」「熱心な」というものであり、たぶん大きな仕事をする人はかならずそうであるところの、ルーティーンを確立している方だと見ていた。個人的にお話したことはあまりなく、読本関係の研究会でご一緒したことがある程度であるのだが、真面目というのは衆目の一致するところではないだろうか。
 実録研究の菊池さんと一緒になった時にはかなり驚いた。菊池さんもまた、湯浅さんと同じタイプの印象なので、このカップルは世界一真面目なカップルではないかと思えるほどである。しかし、韓国での学会の時であったか、お二人が買い物をしているところに出くわしたのだが、かなり普通の夫婦っぽかったので、安心したような記憶がある。
 無駄話ついでにいうと、品川に国文研があったころ、私がたまに上京して国文研で閲覧していると、ほぼ必ず出会うのが、湯浅さんと井上泰至さんであった。国文研が立川に移転してからも、湯浅さんとは頻繁に会うのである。湯浅さんといえば国文研、である。つまり暇が有れば勉強されているということなのである。
 着々を業績を積み重ねて、まとめられたのが今回の著書である。「『南総里見八犬伝』と聖徳太子伝」などの不朽の名論文も含まれる。
 なお、『近世小説の研究』という時の「近世小説」については、中村幸彦先生の『近世小説史の研究』での定義を継承されているのかもしれないが、今日この語を用いる時には、やはり説明が必要だろう。もちろん、説明はされているのだが、これだけ浩瀚な本なので、もう少し議論が必要かと思う。また「啓蒙的文芸の展開」とあるが、その史的展望についても、もっとうかがいたいところである。なぜなら、仮名草子から軍記・談義本・馬琴まで扱える人はそんなにいないからである。江戸時代を通して文学史的な見通しを語れる数少ない研究者のひとりだからである。是非、今後は「文学史」を意識されて、一層インパクトのある論文を量産していただきたいと願うものである。
 
posted by 忘却散人 | Comment(1) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする