2018年03月09日

一九世紀文学研究会

高木元さんから、一九世紀文学研究会のご案内を受けた。
一九世紀は江戸から明治を跨いだ「幕末明治」の時代に相当する。

第9回 一九世紀文学研究会のご案内

下記の要領にしたがって第9回十九世紀文学研究会を催します。
ふるってご参加ください。

時 :2018年3月31日(土)14:00〜
場所:法政大学市ヶ谷校舎 ボアソナードタワー6階 601教室
発表:多田蔵人「森鴎外『舞姫』の文体」
:ロバート・キャンベル「煉瓦街の文学」

*会場はボアソナードタワーの6階です。一番目立つ高い建物です。
*懇親会はボアソナードタワーの25階のC会議室です
*第10回は2018年9月29日、第11回は2019年3月末を予
定しています。発表者を募集中です。ふるってご応募ください。
テーマは広く文学に関わることとして、お考えください。
hokkinin_19c@fumikura.net
宛に簡単な要旨でかまいませんので、添えてお申し込みください。

校舎配置図(富士見校地の吹き出しの中を参照)
http://www.hosei.ac.jp/access/ichigaya.html
posted by 忘却散人 | Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする