2013年04月04日

後藤昭雄先生をおくりたてまつることば

『成城國文学論集』35(2013年3月)。標題は巻頭宮崎修多氏の狂文風の擬古文。面白い。こちらも、「むかへたてまつることば」をのべたいのですが。単身生活を卒業されて奈良にお帰りとうかがう。
posted by 忘却散人 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック