2013年04月12日

近世部会誌

日本文学協会近世部会の出す『近世部会誌』。なかなか入手がむずかしいらしいのだが、ご親切な方がいて、7号(2013年3月)もまた落掌。短文ながら新資料の紹介や典拠の指摘などもあって貴重である。かつての理論的な文章は、近年は若干少なくなった印象。部会では、八犬伝を読んでいるらしい。月1回で、岩波文庫本半分進むらしいが、どういう風に担当者は報告をするんでしょうか?そういう輪読会をやったことがないので、想像がつかない…。
posted by 忘却散人 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック