2015年05月17日

江戸文化辻談義

16日(土)、九州大学中央図書館で「江戸文化辻談義―中野コレクションから見えるもの」というテーマの講演会が行われ、中野三敏先生が「私の江戸学」(1時間)、私が「読本コレクションと談義本研究」(40分)、岩坪充雄氏が「近世拓本の世界」(50分)と題して、それぞれ講演を行った。
「雅俗繚乱」という秀逸な命名のテーマの下、中野先生が寄贈された雅俗にわたる珍書の展覧会が行なわれる中、充実した展示図録を手にした200名ほどの聴衆を前に、まずは中野先生が、みずからの雅俗観や、収書体験、和本リテラシーなど日頃からお話になっていることを、今回の展示にも触れながら自在に語られた。これぞ辻談義である。ついで私は、九大の読本コレクションの特徴と、中野先生の談義本研究の意義を中心に、今後の九大での談義本研究の継承を願いつつおしゃべりをした。トリの岩坪氏は、豊富なスライド資料を用意され、法帖の版木や、同一人物同一筆跡の書の正面摺と左版を比較して見せるなど、興味深い事例を次々に紹介し、文字通り「近世法帖の世界」を堪能させてくださった。岩坪氏とは今回初対面だったが、同じ新幹線で福岡入りし、同じタイミングでトイレに行き、同じタイミングで到着したが、互いに挨拶したのは図書館到着後であった。
 聴衆はやはり中野先生のご講演の時がマキシマムだったかと思うが、とにかく遠方から多数の方が来聴されていたのには驚いた。
 各講演後にはトークセッションが行われ、「中野先生にききたいことは?」という進行役川平敏文さんの振りがあったので、先生が「江戸に即して江戸を学ぶ」ということから学んだ現代を生きるために指針というのはなにかとお尋ねしたのだが、答えは意外といえば意外、「倫理観」だった。

posted by 忘却散人 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック