2016年11月17日

菱岡憲司『小津久足の文事』

 ぺりかん社から菱岡憲司さんの『小津久足の文事』(2016年11月)が刊行された。
 菱岡さんは、私の後輩だが、直接の接点はないのである。
 しかし彼が驚異的な読書家であり、研究者としてすぐれた資質の持ち主であることは、彼のブログを読んだり、彼と読書会をしていた木越俊介さんから話を聞いたりで知っている。なにより私は、読みやすくて志の高い彼の文章のファンである。人柄も素晴らしい。ブログにも一度書いたことがあったと思う。
 当初、馬琴を研究対象としていた菱岡さんは、近年小津久足の研究を精力的に行い、その文事の全貌を明らかにし、はじめて文学者としての久足の評価をきちんと本書で打ち出した。今後、近世文学史を久足抜きに語ることはできない、といっても過言ではないくらいに、見事にその文事の価値を明らかにした。この功績は大きい。
 久足といえば、「馬琴の友人」「伊勢の豪商」「西荘文庫」「小津安二郎の先祖」などのキーワードが浮かぶのだが、その文事については、全く知られていなかったし、知ろうともされていなかった。菱岡さんは、自身の馬琴研究と、師である板坂耀子さんの紀行文研究から、久足の紀行文を読みはじめ、そのレベルの高さに、研究の価値ありとみて、これを広げ深めていき、遂には久足の文事全体に及ぶのだが、久足と菱岡さんの出会いは、必然的なもの、約束されていたものだったんだと、本書を繙けば思わされるのである。二人はとても似ている。

 それにしても、なんと芳醇な文章であろうか。この文章は上手いというような評価では言い表せない。研究者には稀有な、爽やかでかつ豊穣な文章であり、良質な読書体験が醸成したとしか思えない教養を感じさせる文章である。そして何より文学への清らかな信頼がある。小津久足論としての素晴らしさはもちろん、ひとつの作品として、この本は、ある意味で奇跡の達成を示している。
 普通なら「饒舌」と言われかねない長い「あとがき」。ここにも彼の真骨頂が見える。「菱岡憲司の文事」を形作ったさまざまな人の「文事」へのオマージュ。そのあまりの素直さは、全く嫌みがない。私の知っている人がたくさん出てくるのだが、本当にそうだなあと思う。菱岡さんの前では、みな鎧を脱ぎ捨てて文学青年の本性を喜んで見せるんだ。そう思う。多くの人に読まれてほしい本だ。やはり一人の人が渾身の思いで書き下ろした本は素晴らしい。もちろん既出の論集だけれど、書き下ろしの味わいがある本なのである。
 
posted by 忘却散人 | Comment(2) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もったいないご紹介、身に余る光栄です。とくに、「菱岡憲司の文事」との含意をいの一番にご指摘いただいたこと、久足と似てると評していただいたこと、感激です。
Posted by 菱岡憲司 at 2016年11月18日 05:58
ここでは絶賛したけれど、菱岡さんに聞いてみたいこと、言いたいこともあります。これからの日本文学研究を背負っていく一人だから。また書きます。
Posted by at 2016年11月18日 10:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444059960
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック