2016年12月26日

阪大所蔵資料の画像公開

 国文研が進めている古典籍の画像データベース化の事業を展開する拠点校のひとつとして大阪大学が選ばれ、私がその委員をしています。さて、平成27年度に国文学研究資料館の「日本語の歴史的典籍の国際共同研究ネットワーク構築計画」事業により撮影した画像がさきごろ公開されました。懐徳堂文庫と適塾資料のかなり重要なものが、多数あり、研究に資するところも大きいと思うので、ここで告知いたします。
(阪大図書館のニュース)
http://www.library.osaka-u.ac.jp/news/20161222_common.php
(画像公開の案内ページ)
http://www.nijl.ac.jp/pages/cijproject/database.html
posted by 忘却散人 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック