2017年01月03日

10年目

本年もよろしくお願いいたします。

2008年にブログをはじめたので10年目となる。

「読んでますよ」と言ってくださる読者の方の声にはげまされて、ここまで細々と続けることができた。
カウンターを付けているが、どういう数え方なのか、運営側のアクセス解析とは数字が違う。実際は大体毎日500〜1000くらいのアクセスをいただいているようです。しかし付けているカウンターでも50万アクセスに近づいてきたので、これを当面は目標としてゆきたい。
学界時評のつもりも、書評のつもりもない、単なる感想ブログである。公的性格はまったくないし、バイアスがかかっているのはお許しいただきたい。とりあえず3点。

 藤田真一さん編注『蕪村文集』(岩波文庫、2016年12月)。江戸時代の『蕪村翁文集』の配列を軸に編まれたもの。画は載せられないけど画賛の文もあり。特別な関係の中で書かれた文に興味ある私としてはありがたい。
 田中道雄先生をはじめとするグループによる方壺宛蝶夢書簡の翻刻が『ビブリア』146号(2016年10月)に載る。まず50通のうちの23通。あとは次号。35通目に宣長批判があるらしい。
 野澤真樹さんの「『世間妾形気』最終話と伏見」(『国語国文』2016年11月)。非常によく調べていて感心。成長を感じました。

今年は「短くても書かないよりはまし」をモット―にいたします・・・。



posted by 忘却散人 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック