2017年01月03日

くずし字出前授業in名古屋

日本近世文学会では、くずし字を教える出前授業を行っている。学会HPにPDFを置いている『和本リテラシーニューズ』2号ではその実践報告もあるのでご参照いただきたい。
さて、名古屋大学附属中学校でも、加藤弓枝さんと三宅宏幸さんが出前授業を行い、その報告を、同校教諭の加藤直志さんとともに、『名古屋大学附属中・高等学校紀要』第61集(2016年12月)に掲載している。これを報じた中日新聞の記事も再掲している。どのように授業を展開したかがよくわかり大変参考になる。
posted by 忘却散人 | Comment(1) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本校での教育実践をご紹介くださり、ありがとうございます。
本校の紀要は、名古屋大学学術機関リポジトリでも公開しておりますので、手に入りにくい方はそちらをご覧ください。http://ir.nul.nagoya-u.ac.jp/jspui/handle/2237/25255
Posted by 加藤直志 at 2017年01月04日 10:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445518295
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック