2017年01月05日

高麗大訪問研究 日本文学ワークショップ

韓国高麗大の日本文学を研究している教員・学生が大阪大学を訪問し、ワークショップを開催します。発表するのは、それぞれの院生です。2015年にも行われたもので、互いの研究方法を知るよい機会となります。

高麗大学校訪問研究 日本文学ワークショップ

日時 2017年1月19日(木) 14:00〜17:30
会場 大阪大学文学研究科本館大会議室

14:10〜15:10
1.金潾我 (高麗大学大学院博士課程)  
近松門左衛門 『平家女護島』の俊寛像考察―『平家物語』との比較を通して
2. 金智慧(大阪大学大学院博士前期課程)
明治前期における散切物受容の諸相  

15:20〜16:20
3.朴祉R (高麗大学校大学院博士課程)
NHK大河ドラマと関ヶ原合戦―家康と三成の人物像変遷
4. 岡部祐佳 (大阪大学大学院博士前期課程)
「往来物」、「書簡文例集」と「文学」―ジャンル越境的研究への挑戦

16:30〜17:30
5.朴眞鉉 (高麗大学校大学院修士課程)
中世日本文学に現れた関東武士の特殊性ー『平家物語』を中心にー
6. 有澤知世(大阪大学大学院博士後期課程)
錦絵新聞を読む―近世文芸からの影響に注目して―
posted by 忘却散人 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック