2017年01月21日

天皇と和歌

鈴木健一さんの新著『天皇と和歌 国見と儀礼の1500年』(講談社選書メチエ、2016年11月)。日本文化と、天皇の和歌を関わらせて通史的に考えようと言うものだが、最初にあえて、現代の歌会始のことをもってくる構成である。たぶん講義なら、これは当然の導入だろう。鈴木さんは誰しも認める筆力の持ち主だが、先行研究を疎かにしないところがすごくて、この本の場合も、参考文献一覧を付してくれているが、実に目配りが行き届いていることに感心する。
江戸後期のところがちょっと物足りないのだが、それはこちらでひそかに(?)計画している論集があり、それで補わせていただけるかなと思っている。鈴木さんの本は、どの本も決して奇を衒わないベーシックなものなので、結局いつも参照させてもらうことになる。実にありがたい。
posted by 忘却散人 | Comment(1) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
取り上げていただき、ありがとうございました。
論集をお出しになるとのこと、勉強させていただきます。
Posted by 鈴木健一 at 2017年01月27日 14:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック