2017年03月22日

俳句のルール

 俳句の入門書、井上泰至さん編『俳句のルール』(笠間書院、2017年3月)が刊行された。
井上さんは、近世軍書研究の第一人者であるが、上田秋成や人情本研究でも重要な仕事をされているし、最近では西鶴論も書かれている。さらには子規・虚子をはじめとする近代俳句の著書もあり、実作者でもある。日本文学研究者の中でも屈指の書き手といえるだろう。
 『俳句のルール』は、これに先立って刊行され、1万部を超える売り上げを誇る渡部泰明さん編『和歌のルール』の姉妹編として、刊行されたようだ。もっとも『和歌のルール』が、「和歌を読む」ための入門書であるのに対して、『俳句のルール』は、「俳句を読む/詠む」の両方のための入門書である。そのため、前者の執筆者が和歌研究者で固められたのに対して、後者の執筆者は、研究者と俳人(実作者)が半々といったところである。編者が研究者でもあり実作者でもあるわけだから、これもうなずける。
本来であれば「和歌」に対応するのは「俳諧」であるが、「俳諧のルール」を教える本だと、式目や付合のようなことになり、俳句を読みたい人には実際的な知識ではない。俳句を作りたい人をターゲットにするのなら「俳句のルール」とするのは正解だろう。とはいえ「俳諧のルール」も最低限押さえているのは抜け目ない。
 10のルールの説明で、やはり研究者と実作者の視点の違いというものを感じられるのが興味深い。それぞれがかなり自由に書いていると見られるが、初心者向けというのを若干意識しすぎかなと思われるところも、まま見られる。その中で、編者の井上さんの「季語」、深沢眞二さんの「滑稽・ユーモア」は手練れだ。単なる案内文ではなく、切り口の妙がある。
 入門者向けという枠組みを飛び出している感があるのが、青木亮人さんの「無季・自由律」。テーマはいわば「ルール破り」の俳句であり、ルールを破ってもなぜ俳句なのかを論じて行くのだが、そのキーワードは「俳句的な何か」である。ルール破りから逆に本質に迫ろうというわけだ。そして、あまりにも有名な「万緑の中や吾子の歯生えそむる」について、従来とは異なる読みを展開していくあたりは、入門書の域を超えている。読ませる。なるほど、ルール破りを論じているから、入門者向けというルールを破ってもいいわけか、と妙に納得。
 挙っている用例が、教科書に載るような有名な句ばかりで親しみやすく、かつ同じ句が何度も登場するため、稿者によってさまざまな読みが示されるのも、案外楽しめる。
posted by 忘却散人 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448230787
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック