2017年04月07日

『日本文学研究ジャーナル』創刊

 『日本文学研究ジャーナル』が3月に創刊された。日本文学関係の雑誌が次々に休刊に追い込まれている中で、明るいニュースである。青簡舎の大貫祥子さんが編集に参加され、山口守義さんの古典ライブラリーから刊行された。古典ライブラリーは、『国歌大観』をはじめとする日本文学研究の必須ツールを、WEBで提供している。この学術誌も、WEBジャーナルとしても展開してゆくところに新しさがある。
 日本文学に関する良質な学術論文を集めるオーソドックスな学術誌として、大いに期待したい(などと他人事のように言っている場合ではない。来年9月刊行予定の第7号の編集を担当させていただくのだが・・・)。
 第1号は、渡辺泰明・佐々木孝浩の両氏による編集で、「中古・中世の和歌」が特集される。久保田淳先生の巻頭エッセイ、小川剛生氏の特別寄稿を首尾に置き、久保木哲夫・舟見一哉・田口暢之・佐々木孝浩・米田有里・山本啓介・高柳祐子の七氏の論文を掲載する充実ぶりで、創刊号に相応しい顔ぶれであると言えよう。本誌は、いきのいい若手の論文を積極的に掲載し、学界に新風を吹き込むことが大きな狙いのひとつである。また、WEBジャーナルということで、海外の日本文学研究者にとっても興味を引く論考が掲載されることを望みたい。
 ところで久保田淳先生の文章の最後に、世界の激動期に、八百年前の歌人達の歌や生にこだわり、それを追う営みについて思われることを書かれている。激動する世界の中で、古典研究をすることとは何か。久保田先生でさえ、真摯に迷われているのだ、ということにいたく感銘を受けた。どうふるまうかということは、個人でいろいろだろうが、「春秋に富む研究者たちはこの現実の下でどのように自身の研究テーマと向き合っているのだろうか」という問いには(私自身春秋に富むわけではないが)、自覚的でなければならないと思う。
 小川さんの「兼好法師の伊勢参宮」は、「吉田」ではない兼好の真の出自に迫る論文である。「吉田」が捏造であることを立証した論文も衝撃であったが、いよいよその正体が明かされようとしている。
posted by 忘却散人 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック