2017年04月18日

最近刊行された研究書

このごろの新しい研究成果についての情報をいくつか。

近代日本漢学資料叢書1『澤井常四郎 経学者平賀晋民先生』(解題 稲田篤信)研文出版。二松学舎大学私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「近代日本の「知」の形成と漢学」の研究成果の一環。

神道資料叢刊14『小津久足紀行集三』(高倉一紀・菱岡憲司・龍泉寺由佳編)。皇學館大学研究開発推進センター神道研究所刊。急逝された高倉さんによる解題は、絶筆となった。

出口逸平『研辰(とぎたつ)の系譜 道化と悪党の間』(作品社)。魅力的なテーマ。

posted by 忘却散人 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449124132
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック