2017年05月20日

『柏木如亭詩集1』

 揖斐高先生訳注の『柏木如亭詩集1』が平凡社の東洋文庫の1冊として刊行された。奥付は2017年5月。
すでに岩波文庫から『詩本草』と『訳注連珠詩格』がやはり先生の校注で出ており、ますます如亭の詩が読みやすい形で提供されたことになるのは、ありがたい。収められるのは、『木工集』『吉原詞』『如亭山人藁初集』(以上1)、『如亭山人遺稿』(以上2)である。
 如亭に懐かしさを感じるのは、私が大学院に入ったばかりの中野三敏先生の演習が、『五山堂詩話』だったということである。それまで日本の漢詩文にほとんど触れていなかったが、五山をはじめ如亭・詩仏ら江湖詩社の詩人たちのことを、調べたり、作品を読んだりしていくなかで、近世日本の漢詩文というものに入ったということがあるからである。今関天彭翁の論文も古い雑誌を探索したり、師匠に貸していただいて読んだ(これも、今は揖斐先生が編んで東洋文庫に入れておられるが)。揖斐先生の論文も当然読んだ。
 如亭は、中でも、近代人の感性にフィットする。詩魔に魅入られて、実生活をないがしろにする。詩を切り売りして全国を放浪し、年老いても恋愛体質。『木工集』『吉原詞』をはじめとする如亭の詩は、そういう如亭の実像と虚像のイメージ、そして喩としての詩の魅力を存分に堪能できるものである。
 如亭研究の第一人者である揖斐先生の校訳で読めるのは、まことにありがたい。続編では年譜も掲載されるということである。
 
posted by 忘却散人 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450055612
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック