2017年06月30日

藤原英城さんの論文2編

優秀な日野龍夫門下の中でも、田中則雄・藤原英城・山本秀樹の三人は、大体同世代で、勝手に「日野門下三羽烏」と呼んでいる。それなりに交わりがあって、田中さんとは読本の研究会でご一緒したし、山本秀樹さんとは、秋成研究で議論を交わしてきた中である。そして藤原英城さんだが、京都の小説研究会で時々ご一緒するくらい・・・、ではなく、思わぬところでご一緒したことがあった。一つは私がK賞を頂いた時に、同じ賞を前年に取られた藤原さんも来てくださって、福田安典さんとともに2次会まで付き合ってくださったことがある。また、詳細な経緯は忘れたが、京都府立大学が韓国の研究者を多く招いて、寓言に関する研究会を催したことがあり、ロバート・キャンベルさんと、私が誘われて、参加したことがあった。その懇親会で話が展開して、今度は韓国の学会で「寓言」を特集するからということで、中国・韓国・日本の研究者が集まったのだが、日本からは藤原さんと私が招かれて、確か2泊3日した。向こうが用意したホテルの部屋がなんとツインだったので、かなり濃い記憶がある。初日は外に飲みに行き、2日目は部屋飲みした。そして帰りの仁川空港で、荷物を預けようとした藤原さんに、「その荷物だったら機内持ち込みできますよ」と要らぬ助言をしたために、藤原さんが手荷物検査口にその荷物を置き忘れて、探し回ったというアクシデントまで起こってしまった。また藤原さんの愛弟子の中村綾さんも研究仲間で、阪大で開催している読本の読書会に来てくださっている。この頃、おめでたいことがあったようである。
 と、前置きが長すぎたが、藤原さんの「恋文のゆくえー『好色一代男』巻1−2をめぐって」(国語国文 2017年5月)は、挿絵の「下げ髪の女」に注目し、同話に『薄雪物語』挿絵が示唆され、議論のあった「下げ髪の女」が世之介のターゲット「おさか」であると論証する。周到で説得力のある論である。
 同じく藤原さんの「二代目西村市郎右衛門の出版活動−その登場から享保年間までの動向−」(京都府立大学学術報告 人文68 2016年12月)は、私にとっては有難い報告。京の西村市郎右衛門の江戸出店西村源六は、佚斎樗山や常盤潭北の著作の出版をプロデュースしたと見なされるセンスのいい本屋で、私の奇談研究の原点になるキーパーソンの一人なのである。その源六の登場を、20数年前の私の調査では、享保11年か12年としていた記憶があるが、享保4年9月にすでにでていることが、藤原さんの調査で判明している。この源六についても、また別稿を用意されるということで大変楽しみである。
(前置きの方が結局長かったっす)

posted by 忘却散人 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451370221
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック