2017年07月29日

日本語の歴史的典籍国際研究集会

7月も終わりますな。昨日と今日、立川の国文学研究資料館で行われた「第3回日本語の歴史的典籍国際研究集会」に参加した。これは「みんなで翻刻」の24時間放送企画と完全バッティングであった。「みんなで翻刻」にもちょっと誘われかけていたのだが、残念。昨日、寝る前にちょっとニコニコ放送を覗いてみると、加納先生と古地震研究会のメンバーが、資料を翻刻しているところだった。(夜中の1時半頃か)マズイ、これは見入ってしまう。「あー、そこは・・・」と思っていると、コメント機能に気づき、しばらくコメント民となって、いくつか口出しをしてしまいました。と、寝ないといけないと思って、○時○分に目覚ましをかけて寝たところ、○時○分後でかけてしまったようで、大変なお寝坊をしてしまったのは申し訳ない。
国文研のNW事業の研究成果発表の場でもある。NW事業の中の、「観光文献資源学」のプロジェクトに関わっているので、その研究打ち合わせも兼ねている。2日間の発表。初日は文字認識の研究の進み方の速さに驚いた。研究とスピードというのは、文系では馴染まない、むしろ相反するものと思っていたが、この事業ではいたるところ文理融合がキーワードになっている。どうしても置いていかれる感が否めない。観光文献資源学では、私も去年から立ち会っているアロカイ先生の「デジタル文学地図」構想の発表と、椙山先生の石碑調査の発表があった。無縁墓となった墓の碑面をタブレットで撮影するというのは「アッ、なるほど」と思った。文学地図と石碑分布はコラボすると面白い。そういう話もすることができた。
2日目、佐藤悟さんの「絵本としての草双紙」は、草双紙の基礎知識から説き、エキサイティングな説に至る展開で面白かった。あとは折本についてのセッションは、佐々木孝浩さんと、ハイエク先生・ビアンキ先生のこれも基礎的なところから、最先端のご研究の披露まで明快な展開で素晴らしかった。他のご発表も興味深いものであった。



posted by 忘却散人 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック