2018年02月19日

小津久足の書簡に『春雨物語』『雨月物語』のことが。

『鈴屋学会報』34(2017年12月)は、高倉一紀氏の追悼特集である。
それにちなみ、菱岡憲司氏が、資料紹介を寄稿している。
小津新蔵が川喜田久太夫宛に出した書簡。石水文庫所蔵。
ちょっと待って!
その書簡に、小津から川喜田に「さし上す」書目が列なるが、そこになんと『春雨物語』と『雨月物語』の名が。
伊勢商人たちの中で、『春雨物語』は往き来していた。備忘にこれだけは記しておこうと。
posted by 忘却散人 | Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。