2018年03月24日

大師流と入木道書

 一戸渉さんの「大師流と入木道書−架蔵岡本保考宛妙法院宮真仁法親王書状小考−」(『斯道文庫論集』52,2018年2月)を拝受。妙法院宮周辺を私も微力ながら追っておりますので、興味津々によませていただきました。
 岡本保考は寛政頃大師流が宮中に用いられた功績者でその推挽者は妙法院宮真仁法親王であることを指摘し、二人の入木道に関する具体的かつ詳細なやりとりが明らかになる書簡を紹介・解説したもの。
 論文中にも出てくる金沢市立玉川図書館近世史料館収蔵の岡本家文書。これはちょっと見逃せないものですな。一度見に行こう。それにしても妙法院日次記があと1巻でいったん終了すると聞いているが無念です。せめて真仁が亡くなるまで、いや寛政期まででもお願いしたいのだが・・・。
 それにしても真仁さん(京都の人はこう呼ぶようですね)、画にも熱心だが、書にも熱心なのね。この人の文事ないし文事サポートを全面的に明らかにすべき。それではじめて十八世紀後半の京都雅文壇が見えてきます。
 さて注に私の関係する論集が近刊として出てきます。遅れています。一戸さんはじめ関係者の皆様ご迷惑をおかけして申し訳ありません。6月の学会までになんとかと思っていますが・・・。
posted by 忘却散人 | Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。