2019年09月23日

「蕪村の手紙」展

 東京では芭蕉展が評判のようだが、伊丹の柿衞文庫では、特別展「蕪村の手紙」展が開催中である。昨年の「芭蕉の手紙」展に続く「手紙」シリーズ。担当は辻村尚子さん。手紙だけではなく、関連資料も多数展示されている。図録も充実している。
 22日には、田中道雄先生の関連講演が行われた。題して「蕪村の句は近代的か?」である。田中先生は同窓の大先輩であり、八十代半ばでいらっしゃるが、声は朗々として熱量がしっかり伝わるご講演。子規に見いだされて以後、「近代的」と言われることがいまだに多い蕪村句を、趣向でまずは解釈すべきであると提言され、具体的に示された。尾形仂先生や先生ご自身が、蕪村句の評価を転換させたはずなのに、蕪村はいまだきちんと読まれていない。「趣向」で読むことを徹底してやった人がいまだにいないと。
 また、嘯山・蝶夢・蕪村という先生の研究対象が、俳諧史において、どのような役割を果たしていたかを、分かりやすく語られた。田中先生の論文はほぼ拝読しているし、演習で『芭蕉翁絵詞伝』を取りあげたこともあり、先生の見取り図は大体理解していたつもりであったが、肉声で説明していただくと、不思議にぐっと深く理解されるように思う。ともあれ、研究の原点に帰ったような、爽快感の残るご講演であった。
 「古典詩歌の正統を継いで最後に輝く光」と見立てられたその蕪村観に到達するには、蕪村の手紙が欠かせなかったのだという。なるほど。すこし勉強した上で、もう一度学生たちと見に来よう。
 
posted by 忘却散人 | Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。