2019年12月31日

2019年

 中野三敏先生がお亡くなりになって1ヶ月が経ったが、研究をはじめて40年近く、先生がいらっしゃることが当たり前で、先生に読んでいただくことを目標に、考えたことをまとめて来たものだから、その喪失感は言いようがなく私の中では大きいのである。先生の教え子は例外なくそう感じているだろう。google検索で出てくるような知識ではなく、感銘を受けるとしかいいようのない学藝についての様々な知見を惜しげもなく示して下さった。たぶん我々の世代以下の日本近世文学研究者で、先生になにがしかの影響を受けていない人はまずいないだろう。
 私は、学部生のころ、先生の凄さが全くわかっていなかった。中野先生に学ぶことを選んだと言うよりも、やや消去法的に近世文学研究に志した。だから先生に学ぶことができたのは、おそろしくラッキーだった。
 先生は常に新しいことを考えておられた。おそらく誰よりも多く江戸時代の本を御覧になり、お買いになり、それらを手のひらに載せて、江戸にタイムスリップしては、現代人の考え方を相対化するような、失われた思考法や価値観を持って帰った。過去に学ぶというのは、そこから教訓を得るというような小さなことではなく、新しいことを知ることに等しいことを、先生は教えてくれた。
 先生は、文学を特権化するような考え方はなかった。「文学はすばらしい」というような言説は先生には見いだせない。むしろ、先生は、文学臭さと訣別して、江戸時代文化研究の方法を確立したと思う。モノに即して考えること、有名な作品ひとつを論じるよりも、おなじような雑本を百集めて江戸人の思考法を考えること、江戸時代のことは調べれば必ずわかること、何かを知るにはそれについて最も造詣の深い人について学ぶこと。いわば、現在の自分の思考を空しくして、江戸のことは江戸に聞くことである。「文学」という近代的概念で江戸を理解することはできないということである。
 2019年を総括する文章を書こうとして、結局は師のことを書いてしまった。古典文学研究者は「世間知らず」だろうと思われているかもしれないが、先生は実に現代社会・政治についても通じていらっしゃった。先生にとっては過去の文物も、現在の情報も等価だったように見える。過去の文献や人物を研究することが、現在を考える大きなヒントになることを私は先生に教えられた。自分もそこに少しでも近づきたいと思っている。しかし、それがとても難しいことだと痛感したのが2019年という年であった。
 みなさん、よいお年を。
posted by 忘却散人 | Comment(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。