2021年06月13日

学会記(慶應大学オンライン)

 6月12日・13日の日本近世文学会は昨年秋に続き、オンラインで行われた。コーディネーターである慶應大学の津田真弓さん渾身の運営で、歴史に残るほどの大勢の参加者を集めた。オンラインの利点を活かして、学会会員以外にも開かれた大会とし、参加申し込み者は680名で実参加者も相当いた模様である。参加者の半数が非学会員であったという。シンポジウム「デジタル時代の和本リテラシー古典文学研究と教育の未来」は、佐々木孝浩、ラウラ・モレッティ、海野圭介・宮川真弥・山田和人各氏の、それぞれ取り組んでおられる活動を踏まえた報告であった。佐々木氏からは慶應大学斯道文庫の国際的なオンライン書誌学レクチャーの活動である。現在の海外の日本学のレベルの高さ、それを知るためには英語スキルが必要なことなど、若い人たち必聴の内容であった。これを機に再び視聴が増えるのではないだろうか。ラウラ・モレッティ氏からはケンブリッジ大学サマースクールで長年取り組んでおられる和本リテラシー教育についての報告である。女筆の研究をされている大学院生など驚きの事例も。最近では「みんなで翻刻」とのコラボレーションを行うなど、年年ブラッシュアップされているのがまたすごい。ここで学んだ人たちが、世界の日本古典文学研究を牽引していくことだろう。海野圭介氏からは、国文学研究資料館が長年取り組んで来た大型プロジェクト、30万点の歴史的典籍画像公開の次の大型プロジェクトについての概要説明があった。集積したデータをどう使うか、それはどう社会に貢献するのか。我々研究者がそこにどうコミットしていけるのか。むしろ大きな課題が明らかになった。そして宮川真弥氏は、デジタル時代の翻刻のあり方について、従来の議論を鮮やかに整理し、きわめて論理的に説明・提言した。まことに鮮やか。宮川氏は、日本古典文学研究とデジタルヒューマニティをつなぐ文学研究側のインタプリタの役割を果たせる稀少な人材であることが明らかになった。そしてコテキリの会の山田和人氏は、古典教育教材としての和本の活かし方について、これまでの出前教育の取り組みや、今後の和本バンク構想などについて語られた。ディスカサントの勝又基氏が、あえて煽るような意地悪な質問を各発表者にぶつけ、発表者が「汗!」という感じで答えていた。一方、デジタルヒューマニティ側のインタプリタと言えるAIくずし字認識開発者のタリンさんと、KuLAおよびみんなで翻刻開発者の橋本雄太氏も登壇した。これだけのメンバーを揃えた津田さんの企画力に拍手を送りたい。
 このシンポジウムを受けて、いろいろなことがこれから議論され、試行錯誤されることだろう。私もできることを少しでもお手伝いしたいと思っている。
 2日めの研究発表、私は木村廸子さん、合山林太郎さんの発表を特に面白く拝聴した。質疑応答も盛んであったが、発表者が少ないときは、プログラムの組み方を工夫して、質疑時間をもっとふやしてもいいと思う。ただ、一人の質問時間自体は時間制限してもいいかもしれない。今回は、時間の関係で質問を中途で切った形が時々あったのが残念であった。
 対面でやるときに味わえる会場の緊迫感(逆に弛緩感?)がオンラインではやはり無理である。あの人の発表の時、あの先生はこういう風な顔で聴いていたとか、そういう楽しみがない。また発表についての感想戦もやはり対面とオンラインではかなり違う。しかし、オンラインにはオンラインのよさがある。今後は、ハイブリッドが標準になってくるように思う。学会のリモート中継を請け負う仕事がビジネスになってくるし、オンラインにより学会を外に開くのが当たり前になってくるだろう。いろいろなことを予感させる今回の学会、とにかくあらためて、事務局・開催校スタッフに心から御礼を申し上げます。
posted by 忘却散人 | Comment(2) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
飯倉先生、お褒め&ご指摘ありがとうございます。感涙!

で、そういえば、私の肩書きが、伝統的な役割の名称だったことに気がつきました。「会場校代表」です。

開会挨拶(&お金つき助成にハンコを押してくれた)教養研究センター長・斯道文庫のみなさん・アートセンター(デジタル展示制作)・図書館・地下壕の保存会会長(文学踏査)・研究発表(G氏)など、持てる限りの学内人脈を使い大会を盛り上げましたんで、その意味で会場校代表ですが、
学会運営そのものは、慶応メンバーは私のみです。
てなわけで、自由すぎる私に振り回された、「大会実行組織」のメンバーの、特にこきつかわれたメンバーにお声をかけていただけますとと幸いです。(今日、閉会式で宮澤先生が、手厚く慰労してくれたメンツです)


これはオンラインが始まった去年の秋からなのですが、
様々な場所から、色んな人が運営にも参加する。全国から、世界から。もっと様々な役割で。そんな未来を願っています。
Posted by 津田眞弓 at 2021年06月13日 22:08
たしかに、今回の学会のもうひとつの、そして重要な新しさは、運営に、慶應大学以外のみなさんが協力していたことですね。大変失礼いたしました。そして、この「大会実行組織」方式は、前回の法政大学からはじまりましたね。そして今回それが確立した感があります。法政・慶應モデルとして今後の指針となるでしょう。えー、全ての方のお名前をここに挙げたいところですが、老耄の私のこと、漏らしてしまうとかえって失礼ですので、「大会実行組織」のみなさまと申し上げましょう、本当にありがとうございました!たしかにリモートだったら世界からも運営に参加可能ですね。そして今後は、学会の枠も超えて、学際的・国際的なイベントへと展開していくことを心から望むものです。
Posted by 忘却散人 at 2021年06月14日 06:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。