2022年10月31日

百人一首の現在

 『百人一首の現在』(青簡舎、2022年10月)を、執筆者複数の方の連名でご恵投いただいた。本ブログでも既報した通り、近年、田渕句美子氏の立論により、『百人一首』は藤原定家の撰ではない、ことが確実になりつつあり、それを踏まえて、『百人一首』と『百人秀歌』と、その両者の関係、撰者、本文、伝本、注釈、研究史を見直し、新たな展開へと導こうする重厚な一冊が本書である。中川博夫・田渕句美子・渡邉裕美子三氏の編。執筆者は編者の他に久保田淳・小川剛生・田口暢之・久保木秀夫・木村孝太・川上一・加藤弓枝・吉海直人・渡辺泰明・山本皓葵・平藤幸・齋藤瑠花・小林賢太(敬称略)。
 田渕氏「『百人秀歌』とは何か」は、既発表の二論文(前論文)に続いて、『明月記』の文暦二年五月二十七日の記事が「百人秀歌」の成立を述べる記事であることを改めて指摘、この記事を「百人一首」のことだとする樋口芳麻呂氏の推測(「百人秀歌」から短期間のうちに歌の出し入れをした結果が「百人一首」であるという説)を「アクロバティックな仮定が先行しており、残念ながら殆どあり得ないであろう」と断じる。田渕氏は「明月記」にみる定家の冷静な状況把握や『新勅撰集』の詞書の分析などから、定家は慎重に物事を進めたとする(樋口説のような感情的とも思われる性急なふるまいはしないということだろう)。田渕氏の前論文は「百人秀歌」は献呈する相手宇都宮蓮生に着目し、献呈相手を意識して編纂されたゆえに、後鳥羽院・順徳院の歌が載せられないのは当然だとした。今回は「百人秀歌」の諸問題についてご自身の見解を述べながら、他の秀歌撰においても献呈先・目的を配慮して選んでいることを確認している。
 本書の執筆者はほとんどこの田渕説を認めているようである。樋口説を蒸し返すのではなく、新たな論拠による有力な反論があれば一層この百人一首成立論は盛り上がるだろうが、いったんこの説が定説として落ち着きそうな状況のようである。知らんけど。
 これまで『百人一首』と『百人秀歌』の撰者についてどういう研究がなされてきたかを知るには、田口暢之氏「『百人一首』と『百人秀歌』の研究史」がある。前近代の説の紹介、論拠となってきた資料の整理、主要な説の要約と親切な記述。伝本と本文については久保木秀夫氏「『百人一首』『百人秀歌』の伝本と本文」が、「『(百人)一首』については」伝本・本文研究が「実はほとんど為されてこなかった」という衝撃的?な冒頭部からはじまり、「通行の本文」と言われるものが何を以て「通行」とするのかもわからないという状況を明らかにし、版本や小倉色紙にも言及する。これからどう調査すべきかを示す「『百人一首』要調査伝本一覧抄」は、格好の指標であり、伝本研究の出発地である。
 とても全部の論考に触れられないし、コメントする能力もないが、私の守備範囲の立場から言うと、やはり加藤弓枝「絵入百人一首の出版ー女子用往来物を中心に」は逸することができない。先行研究をしっかり踏まえていただいていることを含め、版本絵入百人一首について何か調べる必要があれば、まずはこの論文に帰ればよいという安心の場所ができた。書籍目録では「歌書」扱いの絵入百人一首というのも重要な指摘。私も調査に参加したホノルル美術館レインコレクションには、すごい数の絵入百人一首があって、調査を指揮した中野三敏先生が、それだけで一つの分類を作ったくらいである。本の外見から言えば、これらはまあ紛れもなく女子用往来だろうと思われる。江戸時代の女子に最も読まれたテキストは『百人一首』に違いない。加藤氏が提言するように、江戸時代の女子の学びを明らかにするには、まずは合本型を含めて、この女子用往来としての百人一首の全貌を押さえなければならないだろう。
 巻末中川博夫氏の「『百人秀歌』を読む」は圧巻。単なる注釈ではなく、定家の選歌の背景を丁寧に説明している点が秀抜である。数ある『百人一首』注釈と、一線を画す注釈、つまり選者定家を前面に押し出した注釈と言えるのだろう。
 ちなみに「百人一首の現在」ではなく「百人一首研究の現在」ではないのか?という声があるかもしれないが、いえいえ、漫画や国語教科書にもちゃんと触れていて、百人一首研究をふくむ百人一首の現在、なのである。
 まったくのど素人が、えらそうに評してしまいました。ごめんなさい。
 
posted by 忘却散人 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック