2022年11月29日

絵入本ワークショップ13をオンライン開催。

絵入本ワークショップXVがオンラインで開催されます。今回も公開で行います。
発表は10本+講演。土曜日は、平安女房装束復元の小特集です。
開催校は大阪大学(実行委員長門脇むつみ先生)、形態は完全オンラインです。
ぜひご参加ください。

参加登録フォーラム、若干不完全ですが、
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScsg-0D1kllAZM1nwefRneAJ0a7oBkYIYqdN4wcFqXCCVFMjQ/viewform?usp=sf_link
メールアドレス(必須)
氏名(必須)
所属(任意)
で入力してください。12月6日が登録締切です。

参加登録者者にはZoomのURLが送られます。

以下プログラムです。

12月10日(土)
14;00
開会

小特集趣旨説明 佐藤悟
1 井孝 絵巻による平安期女房装束復元の試み
2 倉永佳 『源氏物語絵巻』 宿木二の女房装束の描写
3 佐藤悟・永井とも子 『源氏物語絵巻』に見る裳の形状

休憩

18:00
zoom懇親会

12月11日(日)
9:30
4 樋口純子 平安朝物語の絵入版本の挿絵について
5 波瀬山祥子 近世上方狂歌壇における肖像画制作の背景 ―鯛屋貞柳像と栗柯亭木端像について―
6 李俊甫 山東京伝の『水滸伝』絵本―『梁山一歩談』『天剛垂楊柳』について
7 北川 博子 北斎の「詩哥写真鏡 在原業平」を読み解く

12:20
総会 議長選出・新会長選出・新事務局長選出・実行委員追加 昼食休憩

13:30
8 伊藤美幸 明治期における切附本の認識とその位置づけをめぐって
9 日並彩乃 吉田初三郎『嚴嶋新案内』における厳島図の影響について
10 江南和幸 17世紀〜19世紀の江戸時代の絵入り刊本と浮世絵に用いられた用紙の科学分析休憩

15:30
特別講演会 芳澤勝弘 画賛について――絵と文字のコラボレーション
新会長挨拶
閉会
posted by 忘却散人 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック