2024年02月28日

田渕句美子『百人一首』(岩波新書)

 田渕句美子さんの『百人一首ー編纂がひらく小宇宙』(岩波新書、2024年1月)。近年話題になった田渕さんの〈『百人一首』は藤原定家編ではない〉、という説については、このブログでも触れたことがある。教科書を塗り替えるくらいの衝撃的な説であるが、その論証は淡々としたもので、奇をてらったものではなく、多くの研究者の賛同を得ている。『百人一首の現在』という研究書につけば、それもよくわかるだろう。今回、田渕さんの『百人一首』についての見解が、一般読者にもわかりやすく新書で提供されたことは、まことに喜ばしいことである。
 とくに勉強になったのは序章と第一章の「『百人一首』に至る道」である。わずかな叙述量であるが、『百人一首』の見方と、『百人一首』までの和歌史が、実に見事に構築されている。第一章は『百人一首』までとはいえ、和歌史の根幹になる部分が押さえられ、書名や歌人を並べただけの文学史とは全く違う、立体的な和歌史になっている。これは、古典和歌を学ぶ人必読だろう。
  百人の歌人・和歌一首ずつのコンパクトな枠の中に王朝から中世前期の古典和歌が凝縮されているアンソロジー、これは『百人秀歌』が創成したコンセプトで、『百人秀歌』の編者、定家の独創。勅撰集から選ばれた。本書は、編集という観点を重視する。ウォルター・マーチという映画編集者の言葉を持ってきて、(すぐれた)映画の編集方法を勅撰集の編集方法が同じだと見立て、編集の観点から勅撰集の歴史を述べていく。歌風とかではないのだ。そして院政期に出現した『堀川百首』の与えたインパクト。これを大きな転換点として、和歌は題詠が主流となってゆく。宮廷和歌=題詠はここから始まる。題詠は、題の本意を詠むので、コミュニケーション手段としての和歌から、美的観念的世界へと飛翔する。こうして勅撰集も変化するのである。そして定家も選者の一人であり、後鳥羽院が深く関与したとされる『新古今和歌集』が八代集の締めくくりである。その八代集の歴史をコンパクトにバランスよく箱に納めたのが『百人一首』である。その原形である『百人秀歌』に、定家のアンソロジストとしての手腕が見える。
 さらにこのごろ大河ドラマのお陰で知名度をあげている藤原公任の『三十六人撰』のアンソロジーとしての意義を説き、アンソロジー史として『百人一首』を位置づけてゆく。
 いやはや、ここまではしかし、本書の序奏(助走)に過ぎない。本番はこれからだ。ここからが田渕説の真骨頂である。以前も書いたが、誰に向けて書いたのか(編纂したのか)、古典の世界では、これが大切である。誰かに依頼されたり、誰かに贈るというモチベーションなしに、前近代の作者・編者が作品を作ることはまずありえないと私も思うし、少なくとも私の研究する秋成が膨大に残した作品(一応写本に限定)のほとんどはそうだろう。よって、その点を重視する田渕説の方法に私も深く共感を覚える。その肝心かなめの第二章以下も読者は味読していただきたい。

 
posted by 忘却散人 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック