2008年05月20日

京大坂の文人続々

管宗次氏『京大坂の文人 続々』(和泉書院、2008年4月)が刊行されています。11編の文人に関する論考・資料紹介からなり、とくに懐徳堂関係の2本、とりわけ「『野史竟宴詩歌目録』―懐徳堂の人々と地下官人―」が私には惹かれました。
昨年秋、ある会で講演させていただき、秋成が木村蒹葭堂から預かった本の話をしたところ、たまたま同じ会の講演者であった管さんが、会の後の懇親会が終わって次の店に移動後、ご持参の『群書一覧』の当該本のところを、近くのコンビニでコピーしてくださいました。そういうことを思い出しながら、読ませていただいております。
posted by 忘却散人 | Comment(2) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
内容と全く関係のないつぶやきですが。

タイトルを見て、「きょうだいざか」と読んでしまいました。阪大には「阪大坂」(はんだいざか)があるので、その連想です。

「京大に坂なんてあったっけ」と一瞬、不思議に思い、すぐに誤りに気づきました。
Posted by SKinsui at 2008年05月21日 06:16
SKinsuiさま。コメントありがとうございます。どうお返事すればよいのか、むずかしいところですが、つまらないことを、貴ブログに書いてしまいました。
Posted by 忘却散人 at 2008年05月21日 21:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: