2017年04月02日

新年度

新年度である。めずらしく、私の教え子たちにまとまった動きがあった。
康盛国(カンソンクック)さんが、ソウルの神学大学校に就職が決まった。康さんは、2008年4月に研究生として来日。当初は『雨月物語』を研究テーマにしたいと言っていたが、話し合った結果、雨森芳洲の研究をすることになった。やがて学問研究を通して日本と韓国を繋ぐことを志すようになった。2009年に大学院に進学し、5年で博士論文を仕上た。その後は、特任研究員や特任助教・招へい研究員を歴任。彼は他の院生の模範になるくらいな、真摯な研究態度、誠実な人柄で、人望も厚かった。十分な業績はあったが、公募への応募を重ねてもなかなか結果は出なかった。しかし、この3月も下旬になって、急遽、就職が決まり、すぐに引っ越して明日からはもう授業をしなければならない。彼の努力と並大抵でない苦労とを知っているので、本当によくここまでがんばったと、心から讃えたい。今、彼は研究の幅を拡げ、朝鮮通信使との文芸交流を、韓国の資料を使って論じるという、彼ならではの方法も得て、研究者として大きく成長していっる。今後とも、日韓の学芸交流に力を尽くしてほしいと思う。
仲沙織さんは、博士論文を提出し、大阪大学の招聘研究員となる。今後は『上方文藝研究』の編集の仕事などもやっていただく予定である。西鶴研究はなかなか大変だが、がんばってもらいたい。
有澤知世さんも博士論文を提出し、学振特別研究員PDとして国文学研究資料館に所属する。資料が身近にあるので、3年間で、いい論文をたくさん書いてもらいたい。

ちなみに、教え子ではないが、大学の後輩の菱岡憲司さんは山口県立大学に転任とのこと。これもよかった。
posted by 忘却散人 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

俳句のルール

 俳句の入門書、井上泰至さん編『俳句のルール』(笠間書院、2017年3月)が刊行された。
井上さんは、近世軍書研究の第一人者であるが、上田秋成や人情本研究でも重要な仕事をされているし、最近では西鶴論も書かれている。さらには子規・虚子をはじめとする近代俳句の著書もあり、実作者でもある。日本文学研究者の中でも屈指の書き手といえるだろう。
 『俳句のルール』は、これに先立って刊行され、1万部を超える売り上げを誇る渡部泰明さん編『和歌のルール』の姉妹編として、刊行されたようだ。もっとも『和歌のルール』が、「和歌を読む」ための入門書であるのに対して、『俳句のルール』は、「俳句を読む/詠む」の両方のための入門書である。そのため、前者の執筆者が和歌研究者で固められたのに対して、後者の執筆者は、研究者と俳人(実作者)が半々といったところである。編者が研究者でもあり実作者でもあるわけだから、これもうなずける。
本来であれば「和歌」に対応するのは「俳諧」であるが、「俳諧のルール」を教える本だと、式目や付合のようなことになり、俳句を読みたい人には実際的な知識ではない。俳句を作りたい人をターゲットにするのなら「俳句のルール」とするのは正解だろう。とはいえ「俳諧のルール」も最低限押さえているのは抜け目ない。
 10のルールの説明で、やはり研究者と実作者の視点の違いというものを感じられるのが興味深い。それぞれがかなり自由に書いていると見られるが、初心者向けというのを若干意識しすぎかなと思われるところも、まま見られる。その中で、編者の井上さんの「季語」、深沢眞二さんの「滑稽・ユーモア」は手練れだ。単なる案内文ではなく、切り口の妙がある。
 入門者向けという枠組みを飛び出している感があるのが、青木亮人さんの「無季・自由律」。テーマはいわば「ルール破り」の俳句であり、ルールを破ってもなぜ俳句なのかを論じて行くのだが、そのキーワードは「俳句的な何か」である。ルール破りから逆に本質に迫ろうというわけだ。そして、あまりにも有名な「万緑の中や吾子の歯生えそむる」について、従来とは異なる読みを展開していくあたりは、入門書の域を超えている。読ませる。なるほど、ルール破りを論じているから、入門者向けというルールを破ってもいいわけか、と妙に納得。
 挙っている用例が、教科書に載るような有名な句ばかりで親しみやすく、かつ同じ句が何度も登場するため、稿者によってさまざまな読みが示されるのも、案外楽しめる。
posted by 忘却散人 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

パブリックコメントを

トロントで開かれているAAS(アメリカアジア学会でよろしいのかしら)に多くの日本研究者が集ったようですね。トロントからメールが来ました。
政府の「文化審議会著作権分科会法制・基本問題小委員会中間まとめ」に関する意見募集の実施について、アメリカのライブラリアンの野口契子さんやマルラ俊江さんから、国会図書館の図書館向けデジタル化資料送信サービスを海外に開放するようにパブリックコメントを出してほしい(3月29日〆切)との要請があり、協力してほしいということだということを、国文学研究資料館の山本和明さんから伝えられました。
このことは、海外の日本研究者にとっては切実な問題です。そして多くの方に出してもらうことが必要なのだということです。
「中間まとめ」については、こちらから、
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=185000892&Mode=0
ダウンロードできるようです。123頁あたりに、国会図書館の送信サービスについての記述があります。
パブリックコメントは、上記の画面から入ることができるようです。
海外の研究者との連携に関心のある方は是非御協力をお願いいたします。
posted by 忘却散人 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

『アプリで学ぶくずし字』電子版

『アプリで学ぶくずし字』の電子書籍版が出ました。いますぐ読みたい方、海外の方、ご利用ください。
posted by 忘却散人 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

『小津久足の文事』書評を書きました。

『中央公論』4月号(3月10日発売)の「書苑周遊 新刊この一冊」で、菱岡憲司『小津久足の文事』(ぺりかん社)を取り上げました。本屋や図書館で見かけましたら、ちらっと見ていただければ幸いです。
posted by 忘却散人 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

親孝行の江戸文化

私の後輩の一人である勝又基さんの「主著」というべき本が出た。
『親孝行の江戸文化』(笠間書院、2017年2月刊)。

この本を論じる際のポイントは3つあると見通してみた。
(残念ながら論じる時間がない。明日から海外出張だし、しかしここは速報性を重視ね)

1 書名
こうきたか、という書名。これは卓抜だ。「親孝行」も「江戸文化」もなじみのあることば。しかしそれを組み合わせたのが秀逸。そして、なにかぐっと新しいイメージがあるのが不思議。

2 ステレオタイプへの異論
「親孝行=封建制度の強化策」。これに異を唱える。

3 ゆきとどいた構成と意匠
装丁、組み版、英文要旨と、親孝行研究らしからぬ、センスのいい意匠。
そして、考え抜かれた構成。面白そう、惹きつけられる。
これで、本書は、一般書になった。

もちろん、一本一本の論文は創見に満ちた内容であるし、第4章、『本朝孝子伝』の作者藤井懶斎の伝記は圧巻である。
このごろは、海外調査などにおいて、私にとってありがたいアドバイザーでもある勝又さんの論文集出版を心から祝す。





posted by 忘却散人 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

役者評判記の世界

大阪大学ではゴールデンウィークにいるや否や「いちょう祭」という春の祭があって、文学研究科ではちょっとした展示を図書館で行う。日本文学研究室もこれに毎年参加し、私も赴任以来ほとんど関わっているが、このごろはテーマを選ぶだけで、ゼミの院生に、選書や解説を任せている。任せたところ、結構凝って、展示解説がどんどん詳しくなり、コラムなどまで執筆している。展示ケースは2〜3くらいで、20点程度をいつも展示する。2年前は八犬伝、去年は黄表紙だったが、今年は役者評判記を展示する。少しばかり、阪大が所蔵しているので。近松研での役者評判記の展示図録を参考にさせていただきながら、院生たちは、いま解説を書いているところである。
posted by 忘却散人 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高松亮太『秋成論攷』

この時期は、学術書の出版が多い。研究助成図書ラッシュなのである。
 高松亮太氏の『秋成論攷―学問・文芸・交流』(笠間書院、2017年2月)も、学術振興会の研究成果公開促進費の交付を受けたものということである。この副題に関しては、私も非常に親しみを感じざるを得ない。
なにせ修士論文のタイトルに「学問」、本の副題に「文芸」、科研の課題に「交流」という言葉を使ったことがあるので。
 研究への入り方はちょっと違うが、現在のスタンスは、高松さんと私とでは結構近いのではないかと思う。つまり、秋成の本領である和歌・和文・学問を解明し、人的交流の中にその文業を位置付けようとするところである。したがって、高松さんの論文は大体は読んでいると思う。
 秋成研究の近年の傾向として、『雨月』『春雨』の作品論を論じる傾向から、高松さんのように、秋成の文業全体に目配りし、人的交流や、文芸の生成する場に着目する傾向へと、移りつつあるのを実感する。この傾向は、作品論のあり方も変えていくだろう。本書に収められる「目ひとつの神」論もそういう作品論のかたちだろう。
 私も馬齢を重ね、秋成研究を30年以上もやっている。その牛歩以下の歩みののろさに我ながら呆れはてるが、私が秋成論をいくつか書いたころに生まれた研究者が、こうやって堂々たる論文集を刊行するとは、まことに感慨深いものがある。勢いのある若手の活躍に大いに期待しつつも、私もくらいついてくっついていくつもりですので、なにとぞよろしく。
posted by 忘却散人 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

湯浅佳子『近世小説の研究』

 湯浅佳子さんの、文字通りの大著『近世小説の研究―啓蒙的文芸の展開』(汲古書院、2017年2月)が刊行された。30本を超える論文集で、索引をふくめ650頁超。なるほど、湯浅さんの仕事は「啓蒙的文芸」で一本筋を通していたのですね。
 例によって、著者のことを語ってしまうが、私の印象は、ずっと前から「真面目な」「堅実な」「熱心な」というものであり、たぶん大きな仕事をする人はかならずそうであるところの、ルーティーンを確立している方だと見ていた。個人的にお話したことはあまりなく、読本関係の研究会でご一緒したことがある程度であるのだが、真面目というのは衆目の一致するところではないだろうか。
 実録研究の菊池さんと一緒になった時にはかなり驚いた。菊池さんもまた、湯浅さんと同じタイプの印象なので、このカップルは世界一真面目なカップルではないかと思えるほどである。しかし、韓国での学会の時であったか、お二人が買い物をしているところに出くわしたのだが、かなり普通の夫婦っぽかったので、安心したような記憶がある。
 無駄話ついでにいうと、品川に国文研があったころ、私がたまに上京して国文研で閲覧していると、ほぼ必ず出会うのが、湯浅さんと井上泰至さんであった。国文研が立川に移転してからも、湯浅さんとは頻繁に会うのである。湯浅さんといえば国文研、である。つまり暇が有れば勉強されているということなのである。
 着々を業績を積み重ねて、まとめられたのが今回の著書である。「『南総里見八犬伝』と聖徳太子伝」などの不朽の名論文も含まれる。
 なお、『近世小説の研究』という時の「近世小説」については、中村幸彦先生の『近世小説史の研究』での定義を継承されているのかもしれないが、今日この語を用いる時には、やはり説明が必要だろう。もちろん、説明はされているのだが、これだけ浩瀚な本なので、もう少し議論が必要かと思う。また「啓蒙的文芸の展開」とあるが、その史的展望についても、もっとうかがいたいところである。なぜなら、仮名草子から軍記・談義本・馬琴まで扱える人はそんなにいないからである。江戸時代を通して文学史的な見通しを語れる数少ない研究者のひとりだからである。是非、今後は「文学史」を意識されて、一層インパクトのある論文を量産していただきたいと願うものである。
 
posted by 忘却散人 | Comment(1) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

蘆庵自筆本六帖詠藻の翻字出版

 和泉書院から、『研究叢書486 小沢蘆庵自筆 六帖詠藻 本文と研究』(蘆庵文庫研究会編 2017年02月)が刊行された。B5判、788頁のずっしりと重い、学振研究成果出版助成図書。蘆庵文庫研究会メンバーは、大谷俊太・加藤弓枝・神作研一・盛田帝子・山本和明と私の6名。たいへんな事業だった。数年前蘆庵文庫本(現在京都女子大学所蔵)の翻字を科研報告書(またはCD)として出版したが、今回は、人名索引・初句索引と解説を完備し、底本も静嘉堂文庫の蘆庵自筆本に拠った決定版である。
 
帯には次のように記されている。

「蘆庵の神髄、いよいよ
その和歌、およそ17000首。歌論家として知られる小沢蘆庵(1723‐1801)の、和歌の全貌を初めて翻印公刊。歌論的言説も、連作の妙味も、妙法院宮真仁法親王や上田秋成との雅交も、あるいは双六歌や沓冠歌などの〈遊び〉も、蘆庵の日々の和歌の営みが、すべてここに明らかに――。
蘆庵自筆の静嘉堂文庫蔵本(50巻47冊)を底本とし、他本と校訂をして翻字。加藤弓枝「自筆本『六帖詠藻』と板本『六帖詠草』」ほか3本の論考を併載し、「人名索引」「和歌連歌/漢詩初句索引」を添える。収載された700名を超える人名はまさに蘆庵の交遊圏そのもの。蘆庵の和歌的生活がつぶさに知られて貴重である。
こたびの公刊は、かつてこの難事に挑み、蘆庵文庫本(現京都女子大学図書館蔵)を底本として全巻の翻字と他本との校合を終えながらも公刊を果たし得なかった医者にして蘆庵研究の先達、中野稽雪・義雄父子の意思を引き継いだ、いわば60年越しの宿願の成就にほかならない。」

 研究者の中でも知る人は知っているが、この『自筆本六帖詠藻』は、蘆庵の歌の全貌が知られるだけではなく、近世後期上方文壇の人的交流を明らかにする非常に貴重な資料。中野稽雪・義雄父子の思いと、それを引き継いだ我々の活動の軌跡については、大谷俊太さんの後語に詳しく記されている。関係者はたぶん涙なくしては読めない文章である。以下は目次

緒言―近世和歌史と小沢蘆庵― 神作研一

第一部 本文編 編集・校訂 飯倉洋一・大谷俊太・加藤弓枝・神作研一・盛田帝子・山本和明
 翻字凡例
六帖詠藻 
 春一〜春十一
 夏一〜夏六
 秋一〜秋十
 冬一〜冬六
 恋一〜恋三
 雑一〜雑十三
 
第二部 研究編 加藤弓枝
はじめに
論文1 自筆本『六帖詠藻』と板本『六帖詠草』 
論文2 小沢蘆庵の門人指導―『六帖詠藻』に現れる非蔵人たち―
論文3 『六帖詠藻』と蘆庵門弟―自筆本系の諸本を通して―

第三部 索引編 大谷俊太・加藤弓枝編
索引凡例
人名索引
和歌連歌初句索引
漢詩初句索引

後書 大谷俊太

 近世後期歌壇に言及する研究者には必携。そして是非図書館・研究室で備えていただきたい。
posted by 忘却散人 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

自著を語る

日本の古本屋メールマガジン221号、自著を語る(番外編)に、拙編著『アプリで学ぶくずし字』についてのエッセイを書きました。こちらです。
posted by 忘却散人 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

表記の思想

入口敦志『漢字・カタカナ・ひらがな 表記の思想』(平凡社、2016年12月)。
すでに、いくつかのレビューもあり、好評のブックレット。国文研が出す〈書物をひらく〉シリーズの2冊目。入口さんは、このごろ大きなテーマのシンポジウムでよく発表やコメントを依頼される引っ張りだこの研究者。とくに最近は、東アジアの文献書誌学についても見識があり、間口が広い。

本書は、漢字・カタカナ・ひらがなの、どの表記を用いるかは、思想の問題だということを説く。

この観点は重要である。私も「仮名読物」なる造語を近世散文史に使うことを提唱したことがある。
(科研報告書『「奇談」書を手がかりとする近世中期上方仮名読物史の構築』2007年)

だから、非常な共感をもって本書を読むことが出来た。
しかし、入口さんの扱う文献は縦横無尽である。そこが真似できないところである。国文研でビッグデータを仕事として扱ってきた入口さんは、巨視的な観点からの提言を最近多くなさっている。国文研で提供される予定の30万点の歴史的典籍の画像を全部見ることは可能だとし、そこから生まれる研究テーマについて提言されたことは記憶に新しい。
今回の本も、『古今和歌集』、『平家物語』、医学書、そして山鹿素行・本居宣長と自在に操る。

さまざまなアイデアが満載の知的冒険の書といえるだろう。一般向けにライトなタッチで書かれているところも配慮が効いている。
posted by 忘却散人 | Comment(0) | TrackBack(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

KuLAに清き一票を!

デジタル人文学アウォーズ2016に、くずし字学習支援アプリのKuLAがノミネートされています。
みなさま、どうぞ清き1票をお願いいたします!。25日までだそうです。 http://dhawards.org/dhawards2016/voting-announcement-japanese/
posted by 忘却散人 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

『欧州航路の文化誌』

人情としてわかっていただけると思うが、昨年の滞独生活以来、テレビをはじめとするメディアで、ドイツいやヨーロッパのことが出ていると、以前よりもぐっと引き込まれるようになった。他愛のない話であるが。日本文学にひきつけると、「洋行日記」「滞欧日記」のたぐいに興味をもつようになっている。江戸時代でいえば、「文学における異国情報」にである。
 そういう折り、同僚の橋本順光さんから鈴木禎宏氏との共編著『欧州航路の文化誌 寄港地を読み解く』(青弓社、2017年1月)を賜った。これはもう我慢できない。パラパラとめくる。面白そう。橋本さんの序章「欧州航路の文学―船の自由化と紀行の自国語化」を拝読。橋本さんといえば立て板に水のように途切れなく論理的なコメントのできる方で、いつも感心しているのだが、文章にもそれがよく現れている。
 航路の自国化と自国語化の問題。これは今日でも、ルフトハンザでいくか、全日空でいくかで、我々にとっては大違い(ちなみに、両方経験してますが)というのでわかるが、明治期に、1か月の船旅をするに外国船ではなく、船も日本のもの船員も日本人となったことが、いかにストレスがないか。まさに感覚として、これは航路の自国化なのである。それを河東碧梧桐などの言説からあぶり出す。
 さらに虚子や和辻哲郎の述懐、官立大学助教授が洋行でハクをつけて帰国するシステムなど興味津々、身に
つまされながら拝読。

 以下引用。
 欧州航路は、イギリスの東洋航路を徐々に逆行する形で成立し、半官半民の日本郵船は、「商戦軍」の先発隊として、船、船員、船長を自国化していった。この現象は、大学教官が洋行を経て自国化していったことと連動するものであり、同時に、東洋の権益への参入にほかならなかった。その点で欧州航路は、まさにイギリスの東洋航路を逆転したのである。そんな欧州航路から、熱帯季語を含め世界を俳句で表象するシステムを作り上げた高浜虚子、その航路を「湿度の弁証法」と要約して『風土』という文明論に練り上げた和辻哲郎、川路寛堂や渋沢栄一以来の洋行体験を国語教材に集約した井上赳は、幾度も上書きされ、積み重ねられてきた欧州紀行の自国語化のひとつの帰結と言えるだろう。つまり欧州航路の記録は、船長と高級船員の自国化、洋行による大学教員の自国化(飯倉注、外国文化を教えるお雇い外国人教師から洋行経験の日本人教師へ)、世界表象の自国語化が三位一体となった存在なのであり、それらの文脈から広義の文学として読み直されるべきものと言えるだろう。

 ちなみにあとがきによれば、「西回り」の世界一周によって形成される世界観と、「東回り」によって形成されるそれとの間に、大きな違いがあるという。それが「寄港地」(の順序)の問題である。これから各論考を拝読する楽しみがある。
posted by 忘却散人 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『近世文学史研究』

 ぺりかん社から『近世文学史研究』というシリーズが刊行される。全3巻完結。17世紀・18世紀・19世紀を、それぞれ数名で論じるという形になる。ぱっと見、『江戸文学』後継誌風の装丁だが、雑誌ではない。
第1巻の「十七世紀の文学 文学と歴史・思想・美術との関わりを通して」がこの1月に刊行された。監修は鈴木健一さん。以下私の独断的なまとめ方だが、歴史学からの提言を高埜利彦さん、絵画と和歌を主題として鈴木健一さん、医学と文学を主題として福田安典さん、芭蕉の編集力を主題として佐藤勝明さん、刊行軍書から西鶴を読む井上泰至さん、17世紀の浄瑠璃制作方法について黒石陽子さん、そして近世文学史の連載を木越治さん、という、第一線の方々が並ぶ。内容について、もうすこしちゃんとした説明をしなさいという声も聞こえないではないが、ともあれ店頭でご覧下さい。電子書籍もあるようだ。
 このシリーズは6月に18世紀、11月に19世紀が出る予定で、それぞれ私とロバート・キャンベルさんの監修となる。かなり前から準備をしていたこともあり、18世紀の原稿はそこそこ集まっているようである。17世紀に負けない論客を揃えましたぜ。17世紀同様、学際的な線で考えているので、日本史・思想史・美術史・芸能史からの論考もお願いしているところである。たぶん春の学会会場には並ぶのではと思う。
posted by 忘却散人 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする